[PR] フレッツ光

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.08.29 (Wed)

ぽぽくん 2

もしも読んでくれる方がいらっしゃるのなら
長文ではありますが どうぞ『ぽぽくん』から読んでください

こちらの ぽぽくん 2 は続きです。

【More】

ご飯も欲しがってくれるようにまでなってくれました
もしかしたら ぽぽはこのまま良くなってくれるんじゃないかと
期待と希望で私は満ち溢れました
何故かぽぽはその日から私にべったりな生活になり私が部屋に入れば一緒にやって来て隅の方で
丸くなって寝る、部屋を出ると一緒に出てきてトイレを済ませ、
少しだけどご飯を食べて水を飲み でまた私と一緒に部屋へ戻りしばらく話をして
私もぽぽも寝るという生活が続きました

でも またご飯を食べなくなり寝てばかりになったので
慌てて病院へ(6月2日) 結果は良くなく5.5キロだった体重が4.5キロに
また貧血がひどくなっていました
この日は必死に治療される事を嫌がっていて なんとなく変だなと思っていたのですが
先生の「このままではこの子は死んでしまいます」
の言葉に私と母は一気に力が抜けたような状態 でもそんな場合じゃない!!!
家でも朝晩薬を飲ませる事に・・・ただ 本当にうちのはる&ぽぽはご飯に混ぜたら
少しの薬でも気がつき食べない! 無理矢理飲ませようものなら大変!
でもでも飲ませないとぽぽは死んでしますと思うと、、、帰ってその日の夜から薬を、、、
でも案の定拒否!!!!!少し無理矢理でもあったけど何とか飲ませていました
それでも あまり良くないようで私のとなりの部屋でぽぽは1りで眠るようになっていました
すごく心配だったけど 6月4日にはぽぽが大好きなマグロを細かくしてだすと
パクパク食べるのです「ぽーくん!食欲が出てきたの?えらいね~よかったね~」
と話しながら 久しぶりにたくさんのご飯を食べてくれました
で6月5日私がお昼近くに起きて行くと 部屋の出口でぽぽは私を待っていました
「ニャ~ン ニャ~ン」と優しくなくと私の後を付いてきました
「ぽーくん!今日もお薬飲まないとね」と薬の用意をしていて
出来たので その場からいなくなっていたぽぽに薬入りのご飯をもって行ったけど
ガンとして食べてはくれません 少しだけぽぽの口につけてペロペロ舐めさせました
「少しでもいいね~」頭をなでなでして片付けて なんとなくぽぽの様子を見に来ると。。。
苦しそうに息をしているんです。。。口を開けて犬のように。。。
頭には『病院へ!』が浮かんだのですが このぽぽを連れて行くのはとてもムリと
すぐに判断できたのもやっぱり長年一緒に暮らした仲だからかな
もうこの子はこれが最後なのかもしれないとも思えました
「どーしたの!???ぽーくん!」と声を掛けるとこっちを見て歩き出しました
元気な頃に自分が好んでいた場所へ まずはテーブルのした 依然苦しそうに息をしています
次に 冬にはコタツになるテーブルの下へ。。。もう歩くのもヨタヨタです
次に押入れに入りたそうにしていたのだけど 空いてなかったから また 最初のテーブルの下に
 もう歩けないのに押入れの方へ向かうので
押入れを空けて 私の良く使っていたバスタオルを敷き
「ぽーくん。。。ここにおいでここでねんねしようね」と言葉にならない言葉をかけたら
ぽぽにはわかったのですね ちゃんときてそこに横たわり何度か向きを変えると
私の方を向き頭を出して来たのです その頭を支えてあげると
呼吸をしようとしているのですが息は吸わずに だんだんとその動きも薄れて来ました
母親が「ぽーくん!!!」と大きな声で呼ぶと よく一緒に遊んだ時にじゃれて
前足て私の手を掴み後ろ足でキックキックとしたのですが そのポーズを取り
2、3度キックしてから大きく伸びをしました。。。。。それがぽぽの最後に取った行動です
優しい顔で静かに息を引き取ったのです 時間にすると容態が悪化して10分もしてないかな
平成14年6月5日のお昼、12年間の生涯に幕を閉じました。。。私はいた溜まれずに
そのまま抱きかかえてベランダに連れて行き日の当たる場所から外を見させてあげました
生前これが好きだったから「ぽーくん気持ち良いね!よくここまで頑張ってくれたね
ありがとう」もう母も私も言葉になりません
はるもわかるのでしょうね少し遠くからこっちを見ていました
しばらく抱いていて その後に箱へ お花にご飯も供えてあげ
でもそこから離れられませんでした 母の「ぽーくん!もう苦しまなくてよくなったね
よかったね」と言う言葉に 1本だけこの糸だけは頑張って張っておこうと思った糸が切れて
私は大泣きです その日はぽぽがまだ行きたかっただろうなと思う場所を一緒に回って
忘れていたお線香も・・・少しずつ冷たくなっていくぽぽ
でもどこかでまだぽぽの死が実感できない!また呼吸をし始めるんじゃないか
「ニャ~ン」となくんじゃないかそんな気がして・・・
でも 次の日もぽぽは動く事もなく ただ冷たくなっていました
ただ あそこで病院に駆け込もうとしていたら途中で生き絶えていたでしょう
ぽぽの好きな場所を回る事も あんなに安らいだ顔で逝く事も出来なかったんじゃないかって
最後まで苦しめてしまっていたんじゃないかと思うと 良かったと思います
自分の好きな場所、仲良くしていた私たちと最後まで一緒だったのはぽぽにとって
重要な事だったような気がします
とうとう次の日ペット霊園からのお迎えが、、、なんとも言えない気持ちが湧いてきて
離れたくなかった「ぽーくん!すぐに会いに行くからね」と最後のお別れです
ぽぽが旅立っちゃった後はまたしてもなんとも言えない気持ちに押し潰されそうになりながらも
あんまり悲しんだらいけないなって はるもいるんだしね

いつかこの別れの悲しみ寂しさ苦しさも和らぐ時が来るのでしょう
それでも 和らいだとしても忘れられない 忘れたらいけない悲しみ寂しさ苦しみです
これからは私や私の家族の心の中でぽぽは永遠に生き続けていくでしょう
まだ元気なはるとそんなぽぽの分まで仲良く過ごそうと思います
大好きなぽぽくん!12年間ありがとう!あなたのお陰でどんなに心和まされた事でしょう、
癒された事でしょ、励まされた事でしょう、たくさんの楽しい事
辛い事を一緒に乗り切ってきた仲だから この絆は永遠だよね
 本当に12年間ありがとうございました お疲れ様ゆっくりやすんでね ぽーくん☆

こんなに長々と読んでくれて ありがとうございました♪
もしも あなたも猫と生活していて 自由に外と家を行き来できる環境だったら
気をつけてあげてください 1度検査される事をオススメします
早めの治療がなによりです 手遅れになる前に
ぽぽのようになる前に助けて上げてくださいね
 外にいる10頭の猫の内には 感染している猫がかなりの確立でいるそうですよ
ワクチンや薬がない今!飼い主さんが気をつけてあげていないとね
スポンサーサイト

テーマ :  - ジャンル : ペット

EDIT  |  21:22  |  ぽぽくん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。